08

2008


生娘
もし神様が
たべちゃいたいなぁ
まがいもの生命
心髄に通ずる殺意
脹ら脛の混濁
首を折り肋を砕き肋骨を捻り潰し背骨を抜き取る
あと何億光年待てば君に会いに行けるのかな
廃墟に響き渡る少年オルフェウスの断末魔
不良品の心臓
渇いたはずの泪を捜し求める魔女
泥濘に髑髏と聖水にはきだめた浮き世の戯言
おお神よこの行為さえ罰なのですか罪なのですか
腐ったこの世界で同じ細胞に出逢った
陵辱の接吻
嘘つき神様なんて居なかった
賦して頬骨にキスして
神喰い
僕らのルーツって神様らしいよ
濁色が暁を染めあげた
哀しみをガーデンへ
排気ガスを吐く僕ら人間



- mono space -